車いすの元気配達人

車いすの元気配達人

名前 柳岡克子
ふりがな やなおかよしこ
肩書 車いすの元気配達人 和歌山県人権啓発センター登録講師
HP やなおかよしこオフィシャルサイト

講演のご対象者様

◆子どもたちに福祉や障害者のことを分かりやすく伝えてくれる講師をお探しの先生へ
◆聞き手を退屈させない講師をお探しのご担当者様へ
◆社員のモチベーションを高めたいとお考えの経営者様へ
◆子育てが前向きになるノウハウを聞きたい保護者へ
◆人権講演会を成功させたい団体様へ

講演を聞いてくださった方のご感想

●毎日ごく当たり前のように思っていた事が実はとても幸せなことだと感じました。
●パワフルなお話、内容の濃いお話で、話をされる柳岡様のオーラを感じました。
●お人柄と話のテンポ良さに引き込まれてしまいました。
●生きるすばらしさを感じられました。
●泣いても解決できないことはもう泣かないと決めました。
●お母さんの育て方が素晴らしくお会いできて、元気をももらいました。
●自分に置き換えて考えさせられることばかりで聴いてよかった。
●参加者から「感動した」と言ってもらい、柳岡さんを講師に来てもらってよかった。
●命や物を大切にし、「いただきます」と言って、残さず食べなければと思いました。

講演テーマ

講演テーマ1 「生きている喜び」

詳しくは、ダイジェスト版(10分)をご覧ください!

講演サイトをご覧ください。

主な経歴

昭和39年11月 和歌山県御坊市生まれ

御坊市身体障害者福祉協会会長/薬剤師
ケアマネジャー/FP/年金アドバイザー
総合学習センター柳岡塾を経営/キャリアカウンセラー

仮死状態で生まれ、両手足に重度の障害を持ちながら、
2歳半まで病院で過ごす。母親の送り迎えで健常児と同じ幼稚園、小中高校を卒業。神戸学院大学薬学部在学中手動式の車の運転免許取得し、寮で自炊して暮らす。

障害者卓球と出会い、全国身体障害者スポーツ大会で金メダル。パラリンピックをめざし、卓球(クラス6)の世界大会で好成績を残す。

NHK教育テレビ「きらっといきる」第15回ゲストとして出演し、「自殺する人をなくしたい!」と命の尊さを熱く語る、講演活動をスタートし、全国から依頼が殺到している。

障害者とは思えない行動力で様々な団体に所属し、委員として活躍。地方紙にエッセイを掲載したり、いろいろな資格取得にもチャレンジ。幅広い相談活動を行う。

出身地

和歌山県御坊市

講演料金

要相談

講演実績

  • 社会福祉協議会
  • 民生児童委員協議会青年会議所
  • ロータリークラブ
  • ライオンズクラブ
  • 小・中・高校・大学
  • PTA
  • 農業協同組合
  • 障害者団体
  • 老人保健施設
  • 老人福祉施設
  • 企業・職員研修、
  • 老人クラブ、他多数

メディア出演

日高新報・紀州新聞に毎月1回随想掲載、記事多数
NHK教育テレビ「きらっといきる」第15回ゲスト
産経新聞・読売新聞・毎日新聞・朝日新聞・フジサンケイビジネスアイに活動の記事掲載
インターネットテレビドリームナビ「kanban娘、kanban男」のコーナーゲスト出演

柳岡克子 似顔絵

柳岡克子さんの活動につきましては
http://cocotiyoshiko.mikosi.com/
をご覧ください